悩む人も多いとされるフィラリア予防薬はインターセプター

インターセプターはフィラリア予防薬

ペットのフィラリア予防薬として、いったいどんな薬が良いの?この薬とこの薬はどこがどう違って、何が違うの?と、飼い主としては本当に迷ってしまいますよね。
今回は、犬用のお薬、インターセプターをご紹介します。

チュアブルタイプ…つまり、おやつとして与えられるタブレットなので、薬を飲む事を嫌がるペットにも、ご褒美として飲ませる事ができるのが、最大の魅力と言えます。
さらに、フィラリアのみならず、回虫、鉤虫、サナダ虫、鞭虫(ウィップワーム)等、腸の寄生虫の駆除にも効果を発揮します。この点も、本剤の大きな魅力のひとつです。

予防を行うための方法は沢山ありますが、基本的には月1のペースです。また、最近になって問題視されている、人もペットも感染する人獣共通感染症を防ぐためには、通年での投与が効果的とされていますが、投与の量は一回一錠で、毎月同じ日付に与えることがおすすめ。
誤食を防ぐため、開封しにくい仕様となっており、開けにくい場合は、ハサミで切って開封するなどして、工夫をしていきましょう。
最大の効果を得るためには、薬だけではなく、普段何気なく行なっているあれと一緒に行うことが大切なんです。そう、ペットの食事なんです。
たとえばドックフード。この中に、薬剤を混ぜ込んで食べさせてあげるのです。
そうなるとどうなるかというと、ペットとしては、薬というものに対して変なストレスや精神的な圧力を感じなくて済むようになります。
こうしたちょっとした工夫も、ペットが正確に予防できる環境づくりにつながるのです。
また、猫、犬以外の動物には、投与しないでください。妊娠中や授乳中のペットのケースは専門医に相談することを忘れずに。

これまで様々なお話をしてきましたが、かならずと言っていいほど守っていただきたいことがあります。
それは、ペットに投与をする前に、ミクロフィラリアがいないことを検査して確認してほしいということです。検査が大切ということは、人間と同じですよね。
副作用としては、次のようなものがみられます。
初回投与の際には、嘔吐する場合があります。1時間以内に錠剤を履いて飲んでくれなかった場合には、2~3日後に改めて投与するか、別の薬に変更をして次なる対策を立案しましょう。
インターセプターは、フィラリア予防薬として海外でも定評のある薬剤です。本剤を使用しつつ、予防への知識収集と実行に励んでください。